IPPUDO OUTSIDE|ラーメンや一風堂にまつわる“ヒト・モノ・コト”にフォーカスするウェブマガジン

IPPUDO OUTSIDE|ラーメンや一風堂にまつわる“ヒト・モノ・コト”にフォーカスするウェブマガジン

IPPUDO JAPAN

IPPUDO NYが日本酒「八海山」と切り拓いた、
日本食の新しいプレゼンテーション。(前編)

「経済、ファッション、芸術の発信地」、「トレンドの最先端」、「人種のるつぼ」…。さまざまな形容詞で彩られる“ニューヨーク”。日々新しいものが続々と生まれる一方で、同じ数以上が消えていく、熾烈な競争の舞台でもあります。そんな新陳代謝の速いニューヨークに2008年に1号店をオープンしたIPPUDO NYは、メニューはもちろん、店内のインテリアデザインやスタッフのユニフォーム、地域のイベント出店など、感度の高いお客様に対して、常に” something new(新しい何か)”を創り続けてきました。ラーメンだけを食べに来るのではなく、呑んで、つまんで、語らいを楽しんでほしいとの想いから“ラーメンダイニング”というスタイルの店を造った一風堂にとって、Sake=日本酒は当初から重要な相棒。ラーメンや日本酒という日本の食文化が持つ魅力を、いかにして現地に広めるか。こうしたチャレンジのために、IPPUDO NYはこれまでもさまざまなイベントを開催してきましたが、新潟が誇る日本酒「八海山」とのコラボレーションイベントもそのひとつで、2015年からスタートし、2017年で3回目を迎えました。最終回となる今回の会場は、オープンしたばかりの五番街店(5th Avenue)。日本酒への興味が高じて唎酒師の免許まで取ったラーメンマスターが創り上げたラーメンに、舌が肥えた、新しもの好きのニューヨーカーたちはどんな反応を示したのでしょうか?当日の様子をレポートします。



Text & Photo by Kasumi Abe

5:08PM、イベントがスタート!

一風堂 八海山

今回のイベント会場は2017年9月18日にオープンしたばかりの3号店5th Avenue店でした。2015年にスタートしたという八海醸造とのコラボレーションイベントでは、過去2回同様、NYの陣頭指揮を執るラーメンマスター、鐘ヶ江“Foo”こと鐘ヶ江文浩シェフが腕を振るいます。その鐘ヶ江シェフ、なんと2017年8月に唎酒師の免許を取り、ラーメンと日本酒のあらゆる知識をフル活用させて黄金レシピを完成させたとのこと。その名も、HAKKAISAN “Eight Peaks”SHOYU RAMEN。八海山、酒米(さかまい)の山田錦、熟成骨、昆布などから作られた醤油ラーメンとのことですが、う〜ん、食べるまで味がまったく想像できません(笑)! 期待が高まります。

一風堂 八海山

IPPUDO NYのラーメンマスター・鐘ヶ江文浩。

一度に通されるのは奥のカウンターの8席のみ、供されるラーメンは88杯、午後5時8分に始まり、終了は午後8時8分、と八海山の8づくし。集まったさまざまな食通たちは、待ちに待ったラーメンがサーブされると皆そのプレゼンテーションの美しさに目を奪われていました。一目散にラーメンに向かい合う人、まずは八海山からしっぽりと味わう人、SNS用に写真を撮る人…楽しみ方は人それぞれです。

一風堂 八海山
一風堂 八海山
一風堂 八海山
一風堂 八海山

お客さんの感想は?

今年のラーメンと日本酒との組み合わせはどうだったのか?お客さんに感想を聞いてみました。

一風堂 八海山

日本酒愛好家のアルノーさん(左から2人目)、メディアで働くタイラーさん(左)、シェリさん(右から2人目)、ジェイさん(右)

「お見事!の一言です。普段食べ慣れているラーメンよりずっとデリケートな味で、見た目も美しく、より軽い食感で胃にもたれない優しさがありました。」「複雑なコンビネーションで実現した味ですね。自分の知っているお酒よりインテンス(強い)で、ラーメンはライター(軽い)。バランスがよくて幸せを感じる味でした。」

一風堂 八海山

パーソナルトレーナーのビルさん

「僕はIPPUDO NYオープン当初から(特に赤丸)の大ファンです。(1号店がある)イーストビレッジに住んでいるので、少なくとも毎月必ず1〜2回は来ています。今日の感想?これまでで最高の傑作ですね! まず見た目が美しい。それに、こんな浅いボウルに入っているラーメンは初めて見ましたし、スープの表面に浮かんでいる油と、かわいい赤や緑のメープルリーフみたいなのも印象的です。クリアなダシは旨みがたっぷりで最高でした。お酒との相性もとてもよかったですね。」

一風堂 八海山

映像編集者のジミーさん

「すばらしい味でした! 昨年の夏のマーベル・コミックとのコラボイベントの時の緑の麺にもびっくりしましたし、IPPUDO NYはいつも特別なラーメンを作って驚かせてくれます。もともと八海山は、世界で一番クリーンなお水と思うくらい大好きだけど、今日の八海山は、これまで飲んだものとまた違う印象でした。ラーメンも自分が知っているラーメンとはまったく違うフレーバーで驚きました。ラーメンもお酒もデリケートな味の組み合わせだったと思います。とにかくIPPUDOが大好きだから、次回のイベントも期待しています。」

「八海山 雪室貯蔵三年」とは

一風堂 八海山

醤油ラーメンとペアリングしたのは、「純米吟醸 八海山 雪室(ゆきむろ)貯蔵三年」という、2017年3月発売のお酒。降り積もる雪を詰め込み年間を通して3度前後の低温に保たれた雪室という天然の貯蔵庫で3年間貯蔵・熟成させたもので、角がとれてまろやかな味わいが特徴とのこと。

一風堂 八海山

「日本酒は常温で長期貯蔵すると香りや味わいが崩れると言われていますが、雪室は安定した貯蔵環境なので、その中で日本酒を長期貯蔵すると熟成されていくんです。」(八海醸造の海外営業担当、中島卓さん)

一風堂 八海山

「雪室貯蔵三年は旨味と深みを両方感じられるお酒。きれいな雪の中で眠っていたような熟成感と、雪解け水がリッチにとろみを持って生まれたようなテクスチャーが特徴です。」(酒ソムリエ、酒ディスカバリーズ代表、新川ヘルトン智慈子さん)

後編へ続く →

SHARE IT!