IPPUDO OUTSIDE

Journal from IPPUDO spanning the world over

INTERVIEW

ラーメン店の固定概念をユニフォームから変えていく

今回の三者による座組の中で大変だったことやエキサイティングだったことについて聞かせていただけますか?

森永邦彦

そもそも、距離によって見え方が変わる洋服をどうやって作るのか。本当に実現できるのか、実はわかりませんでした。プログラマーのQOSMOの浦川通氏に協力をして頂き、生地に特殊なプログラミングを埋め込み、遠近で異なるものが見えてくるというデザインに成功しましたが、「ダメかもしれない」という結果が有り得るということは常に考えていることなんです。そういった綱渡りのものづくりでなければ、新しいものは絶対に生まれないと信じていて。

河野秀和

森永さんのデザインとコンセプト提案には毎度驚かされます。目の錯覚を起こすテキスタイルの実現には、技術的な調整はもちろんありましたが、何度もパッションをぶつけ合いながら完成しました。まさに、森永さんがおっしゃったような、綱渡りのものづくりでした。ユニフォームですから当然耐久性や伸縮性が求められますし、エプロンには撥水性、シャツやジャケットや帽子には消臭性に優れたハイテク素材を使っているので、森永さんのデザインを実現できるか検証するプロセスに苦労しました。

森永邦彦

サイズも大変でした。僕らは普段モデルとなる人物にサイズを合わせて服を作っていきますが、今回はまったく違うサイジングでも洋服のデザインを成立させる必要がありましたから。

島津智明

一風堂のスタッフは体型も身長も年齢も幅広いですからね。高校生から60代、細身から僕の3倍くらい立派なスタッフまでいて、アンリアレイジの独創性がありながらも、スタッフみんなに似合うようにと、森永さんと河野さんにはかなりのご苦労をかけたと思います。でも丁寧なコミュニケーションと最後まで粘り強くクオリティを求めてくださったおかげで、素晴らしいユニフォームが完成したという達成感があります。

河野秀和

我々は全国の250以上の縫製工場や生地メーカーと連携しているのですが、エプロンとシャツとジャケットは一風堂の発祥の地である福岡の工場にお願いしました。4種の帽子は熊本です。いずれも高級ブランドから指名される、細部までまったく妥協しない職人さんたちの手によるものです。日本のものづくりの誇りを一風堂のスタッフの皆さんに着ていただけるのはとても嬉しいですね。

では最後に、一風堂としてのこれからの想いを聞かせてください。

島津智明

現場から発想した細部までのこだわりと、僕らが考えもしなかった振り切ったアイデアを九州の工場で縫い上げていただいて、本当に特別なユニフォームができました。これを着て働くということが、スタッフ一人ひとりのやりがいや誇りにつながってほしいと思っています。一風堂にはさまざまな造りの店舗がありますが、それぞれのお店で実際に着てみたらどう見えるのか、そこを含めて非常にワクワクしています。なによりも、このユニフォームが似合う自分たちでありたいですね。

森永邦彦


森永邦彦(もりながくにひこ)
ANREALAGEデザイナー。1980年、東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。
大学在学中にバンタンデザイン研究所に通い、服づくりをはじめる。


ANREALAGE(アンリアレイジ)

ANREALAGEとは、A REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代、を意味する。 「神は細部に宿る」という信念のもと作られた色鮮やかで細かいパッチワークや、人間の身体にとらわれない独創的なかたちの洋服、テクノロジーや新技術を積極的に用いた洋服が特徴。 2003年、「アンリアレイジ」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。2005年秋、2006 S/S KEISUKE KANDAと共に東京タワーにてコレクションを発表。以降、東京コレクションに参加。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2012年、個展「A REAL UN REAL AGE」(パルコミュージアム/渋谷)、2013年「フィロソフィカル・ファッション2 : A COLOR UN COLOR」(金沢21世紀美術館・石川)を発表。2014年、2015 S/Sよりパリコレクションデビュー。 www.anrealage.com

ANREALAGE TOKYO

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-15-10
TEL 03-6447-1400
www.anrealage.com/shop

sitateru(シタテル株式会社)

2014年3月設立。インターネットを通して、様々な服の生産を必要とする「事業者向け」に、IT化の遅れなどにより優れた技術を生かせずにいる国内外の「中小縫製事業者」のデータベースを整備し、提供される新流通プラットフォーム。熊本本社と東京支社を往復しながら、SCS(シタテル・コントロールシステム)チームを中心に、アパレルに精通したシタテル・コンシェルジェと呼ばれる専属スタッフにより、生産プロセスにおけるアドバイスなどプロフェッショナルのノウハウと、国内の幅広い縫製事業者や連携工場のネットワークを活用して、より良い製品作りをトータルにサポート。ブランド・企業の商品に関するパターン企画から生産・納品にいたるまで、顧客のニーズを踏まえた提案を行う。高い技術を持つ様々なアイテムの生産を行う国内縫製工場との連携も強みの一つ。多彩な内外の素材、トレンドを先取りした付加価値のある生地・素材(国内の高品質な生地)の提案なども行う。