IPPUDO OUTSIDE

Journal from IPPUDO spanning the world over

IPPUDO JAPAN

前代未聞のお祭からスタートした一風堂の31年目

2015年10月16日に創業30周年を迎えた一風堂。当日はリニューアルされた2大看板ラーメンの「白丸元味」と「赤丸新味」を全国でなんと18,000杯無料(店舗限定・数量限定)で提供する『振る舞いラーメン祭』を開催しました。「無料でラーメンを振る舞う」というニュースは、メディアやSNSでも話題騒然。単に話題性を狙ったお祭かと思いきや、そこには創業30周年の日を迎えた一風堂のこれまでとこれからが凝縮されていたのです。

WORDS by SHOTA KATO (OVER THE MOUNTAIN)

2大看板ラーメン、白丸元味と赤丸新味

全面リニューアルした2大看板ラーメンを無料で振る舞う

こんにちは、IPPUDO OUTSIDE編集部の加藤です。 誰にとっても、どんな企業にとっても、大事な忘れられないメモラブルな1日ってありますよね。忘れられない1日が何日も積み重なって、深みのあるステキな企業に、人に、なってゆく。私もそんな人になりたいものです。

「ものの基準は3」という創業者河原成美さんの言葉を幾度となく聞いて育った一風堂のスタッフたちにとって、創業30周年はまさに特別な日。この日にあわせ、一風堂は2大看板ラーメンの「白丸元味」と「赤丸新味」の全面リニューアルという大勝負に出たのです。

さらに一風堂はこの日を “31年目の初日” とし、30年間育ててくれたお客様や地域の人々に「ありがとう」を伝えるべく、新しく生まれ変わったラーメンをなんと無料で体験してもらうという前代未聞の試みを全国30の店舗で開催。2015年10月16日は一風堂にとって忘れられない1日となりました。

何が変わった?「白丸元味」&「赤丸新味」

「振る舞いラーメン祭」の模様をご紹介する前に、まずは全面まるごとリニューアルされたという「白丸元味」と「赤丸新味」のヒミツを解説しましょう。

シルキーな新スープ『博多絹ごしとんこつ』

シルキーな新スープ『博多絹ごしとんこつ』

一風堂自慢のとんこつスープは、特注のスープ釜でたっぷりと18時間炊き、さらにまる1日低温熟成させて仕上げるという、独自の「熟かさね製法」によるもの。豚骨の旨味を極限まで抽出し、味に何層もの深みを実現しているのです。シルクのようになめらかでまろやかな味わいに仕上げられたスープは『博多絹ごしとんこつ』と名付けられました。その名の通り、口あたりは以前に増してマイルドに。スープに合わせたかえしとオイルを使っているため、とってもなめらかな仕上がりです。

断面を丸くした極細麺

こだわりの麺は、適材適所

新しくなった「白丸元味」と「赤丸新味」では、それぞれに異なる麺が採用されています。「白丸元味」にはスルスルっと唇をすべるように入っていくよう断面を丸くした極細麺が、「赤丸新味」にはスープの深いコクが麺によく絡みつつ弾力と歯ごたえを感じられるように角が立った細麺が用いられています。どちらの麺も数種の小麦が独自にブレンドされ、福岡県産のラーメン専用小麦「ラー麦」を加えた一風堂専用小麦『風の大地』を採用。さまざまな試行錯誤の末に、それぞれのラーメンに最も適した形と味わいに辿り着いたのです。

秘伝の『一風堂 匠がえし』

数名の「かえし番人」が守る『匠がえし』

スープの味を決定づける「元だし」は、数種類の九州醤油をベースにした秘伝の『一風堂 匠がえし』。このレシピを知るのは一風堂創業者であり会長の河原成美さんとわずか数名の「かえし番人」のみなのだとか。さらに味に深みを増したかえしのリニューアルには、2年の歳月が費やされているそうです。

『かさね炊きチャーシュー』

「カタ」と「バラ」の2種類が味わえる『かさね炊きチャーシュー』

日々つぎ足しながら守り続けられている醤油ダレでじっくりと煮込んだ『かさね炊きチャーシュー』は、ふたつの部位が使われている贅沢モノ。これまではバラチャーシューのみでしたが、噛みしめるほどに味わい深い「王道のカタ」と、トロトロ感がたまらない「王道のバラ」の2種類の味が、1杯の丼で楽しめるようになったのです。まさに最強チャーシュー!

「赤丸新味」香油と辛味噌もリニューアル

「赤丸新味」の味を豊かにしている香油と辛味噌もブラッシュアップ。数種類の野菜から香りを抽出した香油にはエキストラバージンオイルを調合。さらに香り高い「オリーブ香油」として生まれ変わりました。辛味噌は5種類の唐辛子にヤンニンジャン、豆板醤などを追加。さらにごま油で風味がプラスされ、全体がキリッとまとめられています。赤丸にさらなる深みが加わりました。

NEXT これまでの30年への“感謝”とこれからの30年に向けた“進化” →

  1. 1
  2. 2